酒蔵のまかない調味料 『煎り酒(いりざけ)』


酒蔵のまかない調味料 『煎り酒(いりざけ)』

>> 日本酒の天領  >> 料理酒や海外限定酒等  >> 酒蔵のまかない調味料 『煎り酒(いりざけ)』
<<戻る
酒蔵のまかない調味料 『煎り酒(いりざけ)』

酒蔵のまかない調味料

梅干と鰹節と昆布で造った伝統のうまみ
煎り酒(いりざけ)とは、純米酒に梅干、鰹節、昆布を加えて煮詰めて造った調味料です。
煎り酒の歴史は、日本料理の基礎が築かれた室町時代から江戸時代中期まで、当時あまり普及していなかった醤油の代わりに広く親しまれていたそうです。
ほどよい酸味と塩味とだしの旨みが食材の風味を引き立ててくれます。
卵かけご飯やお刺身、煮物とさまざまな料理にお使いいただける万能調味料です。

【蔵元販売価格】(税込)

150ml      810円
    


>> 日本酒の天領  >> 料理酒や海外限定酒等  >> 酒蔵のまかない調味料 『煎り酒(いりざけ)』

Copyright(C)2001-2014 TENRYOU.COM All rights resreved.
このホームページの内容の著作権は、天領酒造株式会社に帰属します。
無断での複製、引用または転載等は禁じます。